逆流性食道炎は、誰にでも起こりうる炎症

スポンサードリンク               プライバシーポリシー

逆流性食道炎は、私たちが毎日何気なく過ごしている上で、誰にでも起こりうる炎症と言えます。逆流性食道炎と聞くと、なんだか難しい病気のように思えますが、原理は呼んで字のごとく、胃液食道逆流してしまうことによって、食道の粘膜を炎症させてしまうことを言います。

逆流性食道炎は、日常生活食生活のちょっとした部分を工夫すればかなりの確率で改善できるものなのです。なぜ逆流性食道炎になってしまうかというと、健康な状態だと胃液が逆流しないようにがあるのですが、これが様々な原因によってゆるくなってしまい、胃酸逆流してしまうのです。
では、弁がゆるくなってしまう具体的な原因というのはどのようなことなのでしょうか。
主な原因として挙げられるのは、加齢です。

歳を重ねていくと、筋力が低下してしまいます。 それは、目に見える筋肉だけではなく、こういった部分の筋力も低下してしまうのです。それによって弁がゆるみ逆流性食道炎を引き起こします。

逆流性食道炎の大きな原因は、生活習慣

さらには、胃酸過多になりがちな人や、脂肪分の摂り過ぎも逆流する可能性が高くなってしまいます。
また、暴飲暴食や喫煙、アルコールの摂取などといった生活習慣も逆流性食道炎の大きな原因
なるので控えたいところです。
実際に逆流性食道炎になると、様々な症状がでてきてしまいます。

もっとも多い症状としては、胸焼け胃もたれを引き起こすのです。
油っこい食事や刺激物を食べると、なんとなく胸焼けをする人も多いことでしょう。
これは、胃液などが逆流することによって引き起こされているのです。

胸焼けを少し感じる程度なら一時でおさまりますが、このような症状を頻繁に感じるようになったら
注意が必要です。 また、逆流性食道炎を引き起こしてしまうと、胸焼け以外にも、胃酸が逆流して
口の中に胃酸が上がってきたり、のども胃酸で焼けてしまって違和感を感じたり痛みを感じるように
なります。

SPONSORED LINK

逆流性食道炎というのは現代人に多い病気の一つ

逆流性食道炎は、絶えられないほどの痛みなどを伴うことが少ないため、楽観視している人が
多いのですが、こういった症状を感じた場合には、病院に行って薬物療法をしたり、食生活や
生活習慣の見直しや改善をすることが賢明です。

現代は、食生活の欧米化が進んでいたり、生活習慣が乱れていたりストレスを抱えている人が
多いため、逆流性食道炎というのは現代人に多い病気の一つといえるでしょう。

健康に毎日を送るために、日々の生活の中で少しでも改善できる部分があれば
見直していくように心がけましょう。

スポンサードリンク